総計: 2055020  今日: 179  昨日: 362       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
ここをクリックすると日々の日記が見れます ワインをめぐる生活
ワインな旅
レストラン訪問記
作った料理
チーズ
飲んだワイン
ラーメン行脚
テニス戦歴
リンク
ワインの疑問
感想はこちら
 
 
  レストラン行脚
    東京レストラン
    地方の特産品
  飲んだ希少ワイン
    入手困難ワイン
    高額ワイン
  辞典
    ワイン用語辞典
    バリックについて
    ブルゴーニュ生産者
    ロワール生産者
    スペインの生産者
    カリフォルニア
    オーストラリア
    アルザス
    ワインと料理
  グルメ
    ラーメン
  自己紹介
    プロフィール
  山本会報告書
    第1回
    第2回
    第3回
    第4回
    第5回
    臨時会
    第6回
    第7回
    第8回
    第9回
    第10回
    第11回 1周年
    第12回
    第13回
    第14回
    第15回
    第16回
    第17回
    第18回
    第19回
    第20回
    第21回
    第22回
    第23回
 挑戦!
ここをクリックするとレストラン日記に移動します
ここをクリックすると飲んだワインへジャンプします。 12,000円
フェリチタ メニュー
ウメさんの店
アスカ
第8回山本会
第9回山本会
コート・デュ・ローヌ
マリネ
ラングドック
オーストラリア
 ボックスのタイトル : Bordeaux List
 題名 : サン・テミリオン

フランス ボルドー サンテミリオン
2004.2.28 シャトー アンジェラス        Ch.L'Angelus R 1972 シャトー元詰 サンテミリオン   ★★★☆ 自宅 すでにピークを超えているかと思えばそうではなくしっかりとした酸が残っていて果実を感じることができる。血のような味わいとチョコレートのような感じがよかった。   モトックス     現在の表記にLがないのはAから始まるとリストでも上にくるためらしい。
2006.1.6 シャトー アンジェラス        Ch.L'Angelus Mg R 1975 サンテミリオン   ★★★ シルクロード(表参道) コルクが細っていたことから万全の状態ではなかっただろうが、少し熟成としてはピークを越え始めている。ランシュ・バージュ、オーゾンヌの前で少し影がうすかったか。   モトックス      
2005.3.17 シャトー ヴァランドロー                  Ch Valandraud R 2004 テュヌヴァン                                  Jean Luc Thunevin サン・テミリオンGC Merlot 65    CF 30      CS+Ma 5 ★★★ アカデミー・デュ・ヴァン こもっているし閉じている。遠くからわずかに聞こえてくるくらい小さな音のように感じる。グリフ・ド・カップドールのような印象はやはりあり想像した味には近い。複雑味と余韻の長さは別。今判断できない。   バレル・サンプル     ジャン・リュック・テュヌヴァンと妻のミュウリエル・アンドローが1989年パヴィー・マッカンとラ・クロットの間の0.6haの畑で葡萄栽培を開始し、91年リリースしたシンデレラワインのひとつ。
2005.3.17 シャトー ヴァランドロー                  Ch Valandraud      (特別試験樽ver) R 2004 サン・テミリオンGC Merlot 65    CF 30      CS+Ma 5 ★★★ アカデミー・デュ・ヴァン こちらも閉じ気味だが少し青く感じる。もう少し新樽香が強いかと思ったがロースト香がやや強く苦味が舌に残ってしまう。これが果たしてどうかわるのか。   バレル・サンプル    
2001.7.13 ヴィルジニ ド ヴァランドロー                       Virginie de Valandraud R 1998 サンテミリオン   ★★★★★ 青谷さん宅 ボルドーらしいというよりカリフォルニアぽい甘さがあり凝縮感もあり私の好きなタイプ。エレガントスタイル。      \   3,300  小売価格  ヴァランドローのセカンドラベル
2005.7.29 シャトー オーゾンヌ                   Ch.Ausone R 1975 Vve C.VAUTHIER&         J.DUBOIS-CHALLON サンテミリオン1erGC   ★★★★ オーグードゥジュール(市谷) 色は熟成を感じさせないほどに赤々としているが味わいはさすがに熟成を感じさせる。サンテミリオンらしいメルローと優しいフランらしい味わい。熟成さがほどよくイベリコ豚ともよかった。   モトックス  \ 25,000  インデント価格   
2006.1.6 シャトー オーゾンヌ                   Ch.Ausone Mg R 1975 Vve C.VAUTHIER&         J.DUBOIS-CHALLON サンテミリオン1erGC   ★★★★ シルクロード(表参道) かなり熟成が進んでいるという印象ながらこのワインはさすが。マグナムということもあるが。チーズの香りが支配的で全体としての果実味も十分にあってメルローの熟成の印象がある。   モトックス      
2001.12.15 カルベ サンテミリオン         2000年記念ボトル R   カルベ サンテミリオン   ★★ デラ・ロッカ(本町) 凝縮感は少しあるかもしれないが、全然興味をそそらないワイン。ボルドーACならともかくサンテミリオンで出すワインではない。   サントリー      
2002.6.5 クロ・フルテ                                   Clos Fourtet R 1999 フィリップ・キュヴェリエ サン・テミリオンGC M80%     CF10%     CS10% ★★★ Vinexpo東京 Pomerolらしい個性のあるワイン。テロワールが反映されている。血や鉄の少し弱めの香り。メルローらしく強さよりエレガンス。 Parker      89-91 オーナー持込     【20ha。サン・テミリオンの粘土・石灰質土壌。80%新樽熟成】近年nGOOD YEARは【96,02】
2005.5.29 Ch.Cardinal-Villemaurine R 1978 P.Carrille サン・テミリオンGC   ★★★ 杉本常務宅 熟成した香りに鉱物、ミネラルなど。78年にしては非常に若く、少し苦みやブドウのうまさなどがある。ややピークと思われる苦み、鉄っぽさ。   モトックス      
2002.11.4 シャトー キノー・ランクロ                        Ch.Quinault l'Enclos R 1997 シャトー元詰 サン・テミリオンGC   ★★★ 自宅 サンテミリオンらしいメルローらしい香り。意外と薄い感じがする。味わいは初めうすっぺらいのかと思えば後からくる余韻は長い。エレガント系で飲みやすい。   モトックス     97年、パーカーが「このヴィンテージの掘り出し物」と記してから一躍栄光を掴む。98年以降は価格は倍増。
2002.6.5 シャトー ラ・クースポート                       Ch.La Couspaude R 1999 ジョン・クロード・オベール サンテミリオン Merlot70%   Cabernet Franc30% ★★★ Vinexpo東京 樽よりも果実が勝っているタイプ。少し薄く感じられた。期待していたほどではない。 Winart 88 オーナー持込     【7ha。生産量36000本。地中は岩状。60cmの厚さの地表は粘土質石灰。新樽100%熟成】
2002.10.19 シャトー グリフ・ド・カップ・ドール    Ch.Griffe de Cap ’Or R 1999 テュヌヴァン                                  Jean Luc Thunevin サン・ジョルジュ・サンテミリオン Merlot100% ★★★ 自宅 以前飲んだ印象はもっとよかったのだがエーテル香が強くプラスチックの濃い香り。味わいもそれほど魅力的なものではなかった。風邪のせいかもしれないが・・・。 W.Spectater  90               ワイン王国     ベストバイ モトックス  \   2,520  \4,200 テュヌヴァンとミッシェル・ローランのゴールデンコンビで造られる衛星地区のシャトー。
2002.12.15 シャトー ラ・グラン・クロット R 1998 ミッシェル・ローラン リュサック・サンテミリオン Merlot      Cabernet      Franc ★★★ 自宅 香りは綺麗で滑らか。味わいはエレガントでのみごこちは良い。ただ個性を感じるものではなくすごいとはいえない。   稲葉  \   1,880  ABC価格   
2004.6.12 シャトー ラ・コンフェッション              Ch.la Confession R 2001 シャトー元詰 サンテミリオンGC   ★★★★ アカデミー・デュ・ヴァン このワインは本日の比較では異質な香りがある。ピーマンなどまだ荒さの残る香り。味わいは粘土っぽいどっしりとしてそれでいてオイリーさもあるが余韻がやや短い。ざらついた感じがある。 Winart 89    \   6,500  小売価格   
2002.5.26 シャトー シュヴァル・ブラン                       Ch.Cheval Blanc R 1986 ベルナールアルノー              &バロン・フレール サンテミリオンGC CF 60%       Me 40% ★★★★ ワッシーズ フランらしく柔らかいタイプ。イチゴの香りなども感じられる。味わいに少しウインナーぽいところあり。強さはまだまだであと何年ももちそう。タンニンも強いが強調すべきは滑らかさとエレガントさ。 Parker 92    \   1,500  グラス価格  Bitmap シュヴァル・ブランの成功はカベルネ・フランといわれている。サン・テミリオン最上にして最高のシャトー。近年のビッグ・ヴィンテージ,【93,95,98,02】                       
2002.6.22 R 1995 CF 60%       Me 40% ★★★★ シェラトンホテル すごいエステル香。カベルネ・フランらしい滑らかでかなりエレガンス。強さはあまり感じれない。ほんの少しピーマン。テロワールのワインかな。最高のフランといえるのは確かでは? Parker 92    \   2,500  グラス価格 
2002.12.28 CF 60%       Me 40% ★★★★ 神戸ベイシェラトン 鉄や血の香りがあり、エステル香は少し感じられる。パワーというよりこのシャトーはフィネス。たどり着くまで時間がかかるというのがよくわかる。まだわからないか・・・。    サービス   
2001.11.10 シャトー トーマス R 1997 シャトー元詰 リュサック・サンテミリオン   ★★ グラシアス 少しピーマンの香り。どちらかというと味にピーマンぽいものが感じられた。薄っぺららい感じ。   ペルノ・リカール      
2002.6.5 シャトー トロロン・モンド                   Ch.Troplong Mondot R 1999 クリスティーヌ・ヴァレット サンテミリオンGC M80%     CF10%     CS10% ★★★ Vinexpo東京 ねっとりとした感じ。滑らかでジトーとした感じがあるワイン。ほかの皆の評価は高かった。 Parker 89-91     Winart 89 オーナー持込     ミッシェル・ローラン氏を起用し一躍名声を取り戻した。【粘土質石灰。30ha。12-24ヶ月樽熟成。70%新樽】
2004.6.12 シャトー フィジャック                Ch.Figeac R 2001 シャトー フィジャック サンテミリオンGC CF 35%      CS 35%     M 30% ★★★★ アカデミー・デュ・ヴァン これも濃い樽の香りがありコーヒーなどの香りがあるがこれはモダンという造り方ではない。濃厚ながらにオイリーで味わいがありこれが伝統とそれだけではない良さがある。 Winart 92    \   9,500  小売価格   
2003.10.27 シャトー グランジェ・ヌーヴ・        ド・フィジャック                     Ch.Grange Neuve de Figeac R 1993 サン・テミリオンGC   ★★★★ 自宅 うまく熟成した感じがある。ドライフラワーやイチジクのようなドライな香りとデキャンタしたらエステル香がする。それほど濃いわけではないが美味く感じるワイン。   モトックス  \   3,300  希望小売   
2003.3.22 R 1997   ★★★★ 社内tasting 香りには少し新樽ぽいものが混じっていてピーマン臭が強い。エレガントでしっかりとしていてかなりいいワイン。   モトックス  \   3,700  想定小売   
2004.8.6 シャトー テルトル・ロートブッフ            Ch. TERTRE ROTEBOEUF  R 1999 フランソワ・ミジャヴィル サンテミリオンGC Merlot 80%      CF 20% ★★★★☆ ランス(表参道) 強い樽の香り、重い重厚な香り。最近の造りであるのだが柔らかいのに濃厚な味わいという点で他のブームに乗ったワインとは何かが違う。   オルブ      
2005.10.25 シャトー パヴィ                Ch.Pavie R 1975 シャトー元詰 サンテミリオンGC   ★★★★☆ ワイヴィラージュ(神田) 右岸らしくメルローの香りがただよう。まだまだ若く、ピーマンっぽさもある。うまくきれいにやわらかくなっていく。今ちょうど良い。程よいタンニンとなめらかに感じる酸。あと10年後にも出会いたい。   JIS      
2004.10.27 R 1997 サンテミリオンGC   ★★★ ル・セップ(六本木) このワインは香りも開き悪くない状態だがそれほど余韻が長くなく期待した割にはその返りは少なかったかもしれない。   モトックス      
2006.2.4 シャトー バルド・オー             Ch.BARDE-HAUT R 1998 シャトー元詰 サンテミリオン   ★★★ ワイヴィラージュ(神田) 果実味の強い香り。若く、ボリューム感のある質感があるタイプでビッグヴィンテージを感じる。タンニンに粘土質を感じ、コーヒーやカカオ。タバコっぽさも。少し熟成感。   吟奏の会  \   4,980  ネット調査価格  97年にパーカーに評価されて以来有名に。ミッシェル・ローランをコンサルトに迎える。
2002.7.6 シャトー フォジェール                                Ch.Faugeres R 2001 ギゼー夫妻 サンテミリオンGC   ★★★★ 社内tasting ハーブぽい香り。コーヒー、こげ臭。新樽の強い香りが出ている。素晴らしいワインになりそう。 W.S 85-88 バレル・サンプル  \   4,300  想定希望小売  すべてのボルドーワインで最もコストパフォーマンスが高いワインといわれ、95年世界で認められる、
2002.7.6 シャトー ペビ・フォジュール                           Ch.Peby Faugeres R 2001 サンテミリオン Merlot100% ★★★★ 社内tasting かなり濃く、深い香り。絵の具やセメダインの香り。ボルドーらしいメルローぽさとニューワールドぽい香りがあり、メッソリオタイプ。 W.S 91-93      Parker 89-91   ワイナート 91 バレル・サンプル  \ 17,500  想定希望小売  98年ギゼー夫妻の夢であったグラン・クリュ・クラッセ格付け獲得に向けてのワインがこれ。メルロー100%。ミッシェル・ローランがプロデュース。
2005.10.8 シャトー プティ・グラヴェ               Ch.Petit-Gravet     Marie Louise R 2001 クロード・ヌベール サン・テミリオンGC Merlot 90%    CF 10% ★★★ ラーゴ(表参道) これもかなり強い新樽の香り。少しおかかのような臭みも伴うが、最近のサンテミリオンらしさがある。若いワイン。メルローらしい。   合同酒精  \   5,000  小売価格  2.6haの畑から少量のワインが造られる。100%除梗。100%新樽を使用。
2006.2.4 ラ・プラノット                  LA PLAGNOTTE R 2003 シャトー元詰 サンテミリオンGC   ★★★★☆ ワイヴィラージュ(神田) カカオ、新樽、バニラ。新樽の香りがとても強い。エレガントながらバニラが支配的。粘質も感じる。非常にレベルの高さを感じる。   ラック  \   8,000  小売価格   
2002.2.10 シャトー ボーセジュール R 1997 JPムエックス サンテミリオン   ★★★★ 阪神百貨店 香りはあまり立たなかったが、サン・テミリオンにはぎすぎすした感じでも飲める感じがして若くからいける。   日本リカー  \   9,000  希望小売   
1998.6.22 シャトー メリシック R 1995 シャトー元詰 サンテミリオン   ★★★ ワイン・ミュージアム メルローのこなれた感じがよかった。      \   3,400  小売価格   
2003.7.19 シャトー ムーラン                                             サン・ジョルジュ                Ch.Moulin-St-Georges R 1999 シャトー オーゾンヌ
Ch.Ausone
サンテミリオンGC   ★★☆ 社内tasting サンテミリオンらしい味わいながら果実味がやや弱く感じるワイン。苦味の成分が一番感じられ、好みとしてはいまいちに属する。   モトックス  \   6,400  想定希望小売   
2006.3.2 R 2003 サンテミリオンGC   ★★★★ あうん(三越前) メルロー臭が強く出ている。甘みも良く出ていて新樽の香りがやや強い。ねっとりしていて新しいメルローという感じとやはり2003年のヴィンテージが出ている。   松澤屋      
2005.4.1 シャトー ラロゼ               Ch.l'Arrosee R 1990 シャトー元詰 サンテミリオンGC Me 60%             CF 20%            CS 20% ★★★☆ ラ・ブリーズ・ド・ヴァレ(新富町) ミネラルやきのこのじめっとした香り。腐葉土。サン・テミリオンの古酒というイメージではなく比較的甘さが残るタイプ。 Parker 93 ラック  \ 15,000  小売価格  9.3haの畑、樹齢30年の葡萄から3万本のワインを生産。新樽100%で12ヶ月から18ヶ月の熟成。コート地域の南斜面に位置する。パーカーによって有名に。
2004.6.12 シャトー ルシア                Ch.Lucia R 2001 ボルトルッシ家 サンテミリオンGC   ★★★☆ アカデミー・デュ・ヴァン あきらかに濃く新樽の香りが強い。味わいも非常に濃厚で最近の味わい。肉厚ではあるがそれでも樽が勝っている。エスプレッソのような味わいで時間とともに完熟したトマトやクレヨンの香り。      \   6,600  希望小売  サン・テミリオンにある3つの畑から生み出されるワインで醸造家ステファン・デュルノンクールが一番力を入れているシャトー。

 Bordeaux List
ボルドー
メドック格付
ブルジョワ級
グラーブ
サン・テミリオン
ポムロール
OTHER
ボルドー白
 Bourgogne list
シャブリ
コート・ドール1
コート・ドール2
コート・ドール3
コート・ドール4
シャロネーズ
マコネー
ボージョレ
クレマン・マール
 Cote du Rhone
ローヌ1
ローヌ2
 南西・南仏
南西・南仏
 アルザス
アルザス
 ロワール
ロワール
 プロヴァンス
プロヴァンス
 ジュラ・サヴォア
ジュラ
 シャンパーニュ
シャンパーニュ
 Italia
ピエモンテ
ヴァッレ・ダオスタ
ロンバルディア
トレンティーノ
ヴェネト
フリウーリ
エミーリア・ロマーニャ
トスカーナ
マルケ
ウンブリア
ラツィオ
カンパーニャ
カラブリア
アブルッツォ
モリーゼ
バジリカータ
プーリア
サルディーニャ
シチリア
グラッパ
 Deutschiand
ドイツ
 Austria
オーストリア
 Espana
スペイン
 Porutgal
ポルトガル
 ハンガリー
ハンガリー
 イスラエル
イスラエル
 USA
オレゴン
カリフォルニア
 Canada
カナダ
 Chile
チリ
 アルゼンチン
アルゼンチン
 オーストラリア
オーストラリア
 ニュージーランド
ニュージーランド
 南アフリカ
南アフリカ
 日本
日本
ラフィット
ラトゥール
コアペ
楽天プラザ
私が行ったレストラン、飲んだワインの日記です。東京/大阪/札幌のレストラン 世界のワイン